イラクから陸自は撤退するけれど

2006年06月21日

 ようやく、イラクのサマワから陸上自衛隊が撤退することが決まった。
 速やかに、そして事故なく、全員が無事に帰国できるよう祈ってやまない。
 
 それにしても納得がいかないのが、国会終了直後に撤退を発表するという小泉首相のやり方だ。
 この問題では、小泉首相はずっと国会に対するまともな説明を避けてきた。アメリカのイラク攻撃をいち早く指示した根拠である大量破壊兵器の問題も、「フセイン大統領が見つかっていないからといって、フセイン大統領が存在しなかったと言えますか? 言えないでしょう」などといった詭弁で通した。自衛隊は「非戦闘地域」に派遣すると言いつつ、どこが非戦闘地域なのかを問われても「どこが戦闘地域でどこが非戦闘地域なのか、私に分かるわけがない」と開き直った。
 そして国会終了後、陸上自衛隊の撤退を発表した後で、こんな発表が行われた。

<額賀福志郎防衛庁長官は20日、イラク南部サマワに駐留する陸上自衛隊に撤退命令を出した後、防衛庁で記者会見した。クウェート−イラク南部タリル空港間で陸自物資などを輸送してきた航空自衛隊の活動を陸自撤退後も継続し、輸送先をバグダッド空港と北部アルビル空港に拡大することを正式に表明した。
 バグダッドは米軍の拠点であると同時に国連も事務所を置いている。国連はアルビルにも事務所を開設中で、空自は米軍など多国籍軍と国連の物資・人員を輸送する方針。復興支援活動を行ってきた陸自に代わり、国連向けの輸送で復興支援色を強調したい考えだが、活動の軸足は多国籍軍支援に移りそうだ。>(毎日新聞)
 
 多国籍軍と言っても、実質は米軍(これを「多国籍軍」と書く新聞社のセンスに疑問を感じる)。となると、米軍が未だに遂行中の戦争の一部を自衛隊が受け持つ、ということになる。しかも、バグダッドは未だに爆破事件などが頻発している。当然バグダッド空港は、反米勢力の攻撃目標の一つだろう。
 まさに、戦闘地域に、戦争に直接加わる形で自衛隊を送り込む、ということになる。
 しかも、その活動の内容は、国民の目に見えにくい。米軍の作戦上の秘密という理由で、何をいつ運んだかなど、自衛隊が具体的にどういう活動を行っているか、明らかにされないだろう(今も、そうした活動を具体的に報じたレポートを、私は読んだことがない)。
 サマワでの陸上自衛隊の場合、途中から日本人ジャーナリストの取材を拒んだケースもあったりはしたが、その活動ぶりはサマワ市民やイラク人ジャーナリストの目に見えるものだった。
 未だに戦争が行われている国に自衛隊を派遣すること自体、憲法とのかねあいで議論が大いに分かれるところだが、陸自の場合は、戦争に行くわけではなく復興支援という名目で、押し切った。ところが、実際の戦争によりコミットするにも関わらず、その活動をチェックできない。
 しかも、こうしたやり方がいいのかどうか、国会での議論すらなされない。こんな国会軽視が、議会制民主主義の社会で、いったい許されるのだろうか。

Copyright 2006 © Shoko Egawa All Right Reserved.
CMパンチ:ホームページ制作会社:港区赤坂